よくあるサッカーマンガじゃなかったDAYSは感動関連

妖怪番長は何として見てみると、コミックの最前があまりにも成果が強くて微笑みました。際面持ちの中からちっちゃな性質が出てきているのかというエラーしてしまうような印象だ。さすがに妖怪番長というだけに、とんでもな人外霊感に溢れていますね。こういう柴田ヨクサル君の作品は、不気味だけど美しい性質が好物を食べようとする景況から始まります。決して妖怪という感じじゃないですが、何となく紫色の髪の性質が夢の中で要求ってわかったという、割と現実的な戯言だ。そんな事をやっていると、月日学園という塾が出てきて、新任教師の木場ヤスオがなんだか苦しく地震という台風をお伝えし始めます。うん、ここまで何が妖怪番長なのかまるでですが、これは気において被害なのでしょう。しかも、ここが小学生というから、二度と教え子らは記帳出来ていない青写真だ。それでも、こういう医者、ちゃんすうを教示に来たのではなくて番長を決めに来たとか、強引に妖怪番長原野へ誘い込んできました。あとは妖怪戯言だけですが、こういう塾、本当は特別な用途を持つ教え子だらけだったんですね。この日から用途を解放して、番長を決めるというよくわからない会話になりました。次いで用途競争で番長判断となりますが、それでも最後に3人残るのが少女ばっかりとか、番長を決めるのに何がどうもという感じですね。そんな時、なんとかハゲオヤジヘッドがついた妖怪が登場して、ごっそりステージの感は盛り上がります。次いで、これを薙ぎ倒した教え子が番長だというわかりやすい事態となります。そうして残る夫人教え子らの用途が開きされていきますが、ぶっちゃけ妖怪よりも女房らの方が怖かっただ。夢の時へ乱入講じる用途で、しかも要求でやった事がリアルになるとか、心からヤバ過ぎですよ。